定期開催するオンラインセミナーの集客を成功させるコツ 

オンラインセミナーは気軽に開催できる分、回数を重ねると集客が先細ることもあります。既存顧客やSNSのフォロワーなど、見込み顧客の上限を考えると当然の事かと思いますが、なるべく多くの潜在顧客を求めるならば、集客元になる媒体の大きさを考慮したほうが良いです。

幅広くリーチを広げるならばGoogle広告やFacebook広告などの運用型広告を活用するのが良いのですが、知り合いの紹介では評判がよくても、自分のことを誰も知らないマーケットに出ると思ったほど成果に繋がらない事もあります。

企画の良し悪しや登壇者の知名度だけでなく、見ず知らずの人を説得できるランディングページも必要になります。

また、時期や日程などの要素も絡むので、短期間で諦めずに効果検証を反映して、何度かトライして集客効果を改善していく流れも必要になります。

ある程度の基盤ができれば、常に2週間先の日程を用意して申し込みができる状態で広告運用を行うと安定しやすい傾向があります。

どうしても参加人数が安定しない場合は、メルマガ登録などコンバージョン地点のハードルを下げて、見込み顧客を確保した上でセミナー開催を検討するのもひとつの手です。


セミナー代行のご案内

セミナーの集客でお困りごとがあればご相談ください。広告運用の他にも、セミナーの企画、講座の作り方、出版などに関する専門家をご紹介することも可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Outline