初心者が未経験からセミナー講師になるには

なんでも仕事にできる時代、オンラインが当たり前になった時代、副業としてセミナー講師を選ぶのも一つの選択肢かと思います。初心者がセミナー講師になるために必要なことを紹介します。深く掘り下げていない部分もありますが全体像を把握するために、参考にしていただければ幸いです。

セミナー集客代行
– 広告費2万円から単発ご依頼OK
※別ウィンドウで開くので、あとで読めます。

Outline

テーマを決める

教える立場になるからには専門性の高さは絶対に必要になります。それに加えて個人講師に必要なのは経験に基づいた体験談や、人間性を問われる部分も強くあります。

「専門性・経験値・人間性」とか言うと難しく聞こえるかもしれませんが、シンプルに「この人から学びたい!」と思わせることができる題材として、自分が一番得意なことは何なのかを考えてみてはいかがでしょうか?

そして、次のステップとして、その題材が誰かに「教えてほしい!」と言われるものなのかを、友人にでも良いので聞いてみるのが良いかと思います。

誰かひとりでも必要としているものならば、世の中には他にも必要としている人がいるはずです。

やり方を考える

セミナー講師になるには、当然のことながらセミナーを開かなければなりません。(法人向けのテーマなら企業から呼ばれるパターンもあります。)

オフラインならば会場を手配したり、オンラインならばZoomなど配信方法を考えるなど、自分で主催するならやるべきことはたくさんあります。オンラインセミナーを自宅から配信する場合は、通信環境や周囲の静かさも考えて、セミナーの開催方法を考える必要があります。有料のセミナーならば決済方法も決めておかなければなりません。

参加者を募るため方法は、わざわざホームページを用意しなくても、無料の告知サイトを利用したり、SNSのダイレクトメールで受け付けたりすることもできるので、最初はあまり深く考えなくても大丈夫です。

初心者は副業から始める

セミナーは形を作れば単発でも開催できるし、夜間や土日にも動きやすいので、副業として取り組むのもおすすめです。反響があり、経験値を積めばコンサルティング事業として発展させる展望も持てます。

大勢の人前で話すのが苦手だとしても、一対一で自分の好きなことを話すことができるなら、セミナー講師になれる可能性は十分にあります。誰もが初めから大きな舞台に立つわけではないので、小さな規模で経験値を積み台本を作り上げれば、いずれ大きな舞台に立つときも緊張しなくなるはずです。

副業の場合は、給与以外の雑所得が20万円を超えてくると確定申告を行わなければならないので、継続的に行うならば個人事業主になるための知識も学ぶ必要があります。

集客方法を考える

全くの無名であれば、初めは知り合いの紹介などで集客するのが良いです。SNSのフォロワーを多く抱えているならば、投稿での告知だけでも人を集められる場合もあります。ニーズのあるジャンルならば、無料の告知サイトに掲載することで反響があったりします。
ある程度の手応えがあれば、広告費をかけて広く一般から参加者を募ることで、事業として成り立たせ、安定した収入を得ることもできます。

知り合いやSNSのフォロワーも全くいなくてゼロからのスタート、なんて場合も数万円の広告費でニーズを探ることもできるので、集客で困ることがあればご相談ください。

セミナー講師養成のプロに話を聞く

さらっと全体像を紹介してきましたが、一番肝心なのは何をどうやって教えるか、「セミナーの内容」を考えるのが難しいとことでもあります。

あれこれ自分で考えるよりもプロに話を聞いた方が早いこともあります。

知り合いの「新人講師育成の専門家」が、オンライン講師養成講座の体験セミナーを定期的に開催されているので、ご参加を検討してみてはいかがでしょうか?


セミナー代行のご案内

セミナーの集客でお困りごとがあればご相談ください。広告運用の他にも、セミナーの企画、講座の作り方、出版などに関する専門家をご紹介することも可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Outline