セミナーに人が集まらない時の対処方法

セミナーの集客が最初から失敗することはあまり考えたくありませんが、ニーズがあっても広告媒体での露出量や、日程などの兼ね合いで人が集まらないこともあります。

開催を決めて告知をする以上は、最低1人の参加者でも柔軟に対応できるようにしておくと、集客の展開も考えやすくなります。

前提条件としてリアル会場で開催する場合は、会場を押さえる必要もあるので「人が集まらないので開催できない」なんてことがないようにしておかなければなりません。(予約なしでも自由に使える会場があれば、開催中止しても差し支えないかもしれませんが。)

リアル開催の場合は、既存顧客などから最低限の参加者を募った上で、公募枠として一般向けの告知を行う形にすると、開催自体が危ぶまれることはなくなるはずです。

新規顧客を集める目的でセミナーを開催するなど、開催日程を決めた時点で参加者が集まる見込みが全くない場合は、オンラインセミナーから始めてニーズを探る方が安全です。

参加人数が少ない場合は、個別相談に切り替えるなど、セミナーを中止したときのリスクも少なくなります。

セミナーの告知をしても人が集まらない時は、メルマガなどのリード獲得を目的とした広告を運用して、リストを集めた上でセミナーを開催する流れを検討してみてはいかがでしょうか?


セミナー代行のご案内

セミナーの集客でお困りごとがあればご相談ください。広告運用の他にも、セミナーの企画、講座の作り方、出版などに関する専門家をご紹介することも可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Outline